楽天銀行の審査は?

⇒ 他の銀行の住宅ローンの審査や審査基準 もチェックしましょう!

みずほ銀行住宅ローン 三菱東京ufj 住宅ローン 三井住友銀行住宅ローン
住信SBI 住宅ローン SBI 住宅ローン 新生銀行住宅ローン
イオン 住宅ローン ソニー銀行住宅ローン 東京スター銀行住宅ローン


 


楽天銀行住宅ローン
楽天銀行フラット35についてここまでのチェックで、万全ではないでしょうか?
では、最大の難関、楽天銀行の審査についてみていきましょう!

楽天銀行では、窓口を設けず、ネットと郵送で書類を受け付け、審査をします。
事前審査制というのは、一部の提携業者に限られており、ご自身で直接本申込からというのが基本です。

ネット経由で申し込みをし、書類提出をして、スムーズに運んで約6週間が目安。
ちょっと時間がかかるのが難点です。
しかし、この6週間、楽天銀行が遅いというわけではなく、住宅金融支援機構を利用する場合、どの金融機関でも同じ位の期間がかかりますので、平均的といったところでしょうか。

ただ、書類不備や不足がある場合、郵送でのやりとりとなるので、余分に時間がかかる可能性があります。
送付前のチェックと確認は省けませんよ!

楽天銀行に限らず、ネット系銀行や、新規参入銀行は、ほとんどの案件がお客様からの直接融資申し込みとなっています。
ネットや郵送を通じて自分で申込みをし、契約、融資実行までの段取りをしなければなりません。

こういった段取りは、通常は不動産業者の役割でした。しかし、自分で申し込みをし、契約をする以上、お客様自身が銀行と不動産業者の橋渡しをする意識が必要です。

また、不動産業者の中にはあからさまに嫌がる業者もいます。
めげない気持ちも必要ですよ。